スポーツX株式会社の会社情報 | 急成長企業を支援してきたマーケティング会社が厳選した急成長企業と出会える場所「LEAPLACE」 - LEAPLACE
LEAPLACE
アプリでより快適にご利用できます
アプリで開く
LEAPLACE
スポーツX株式会社

スポーツX株式会社

京都府京都市右京区
1〜20人

ミッション・ビジョン

【理念】 咲かせようスマイルつなげようスポーツで スポーツを通じて世界中の人々、地域をつなげ、全世界に笑顔の花が咲き誇る幸せな未来をつくります 【ビジョン】 スポーツによる人づくり、国おこし、国づくりに貢献する 【行動規範】 真摯たれ スポーツマンシップ(尊重と覚悟)を体現する組織

価値観

  • 原因自分論

    嬉しい時・苦しい時に自分自身の行動に向き合い、より改善できるところは無いか、もっと良くすることはできないかを考える習慣をつけることで、自分の成長に向き合い仲間達と気持ちの良いコミュニケーションを取ることが可能になります。 当社は原因自分論の考え方を全社員徹底し、スポーツ企業らしく気持ちの良いコミュニケーションを意識しております。

  • スポーツマンシップ(尊重と覚悟と創造)

    スポーツマンシップとは、仲間・対戦相手・審判を“尊重”し、複雑かつ理不尽なルールに則ったうえで勝利を目指す“覚悟”が問われると考えております。またスポーツは“創造”することでここまで発展を遂げてきた歴史がありますし、今後も社会的な価値を高めるために“創造”を続けていかなくてはなりません。そのために当社のビジョンに共感してくれる人たちを集めています。

事業内容

・プロスポーツクラブのインキュベート ・プロスポーツクラブ経営コンサル ・キッズスポーツスクールの世界展開 ・スポーツツーリズム ・スポーツイベント及び施設運営 ・その他スポーツ関連事業 ※前身会社実績 現在J3に所属する藤枝MYFCを2009年にゼロから設立し、2014年に創業会社として史上初かつ史上最速5年でのJリーグ入りを果たし、特定の親会社を持たない中で黒字化(その後に地元大手企業に経営権を譲渡)。 <参考記事> ① https://footballista.jp/feature/74802 ② https://xtech.nikkei.com/dm/atcl/feature/15/070800035/040300107/ グループ実績 ①おこしやす京都AC(京都) https://ococias.kyoto/ 最短2年後の2023年に、京都から2例目のJリーグ入りを目指す。当社取締役、「東大卒史上2人目のJリーガー」の28歳が代表を務め、パートナーシップ・研究開発型のクラブ構築と、文武両道アカデミー機関の設立を進める。今年6月に天皇杯2回戦でJ1サンフレッチェ広島相手に「史上最大のジャイアントキリング」を果たす。 高3の11月に引退、そこから猛勉強で東大合格 おこしやす京都AC社長・添田隆司1 https://4years.asahi.com/article/14198996 J1広島をジャイキリ「おこしやす京都」とは? HP一時ダウンの過熱ぶり https://www.nikkansports.com/soccer/news/202106160001326.html ②せとうち備後FC(広島) 創業119年、売上約2600億円のツネイシ造船グループと共同でクラブ経営。人工芝サッカーグラウンド3面+900名収容の宿泊施設を活用した合宿大会事業を中心に、地域にスポーツを通じて人が集う場を構築。 ③福島ユナイテッドFC(福島・J3) 経営権を持つ売上約300億円の東洋ワーク社から依頼を受け、経営支援・コンサルティングの形で携わる。当社役員が社外取締役として参画中。 ④スクールパートナー 4歳~12歳を対象としたキッズスポーツスクール。種目はサッカー・野球・チアリーディング・器械体操など。日本・アジアを中心に1.7万人の生徒が在籍。 ・日本国内1.2万人(サッカー、野球、チア、器械体操など)※西武ライオンズさんの野球スクールを請け負う ・ベトナム4000人(サッカー、チア、ベトナム国内最大) ・シンガポール600人

メンバー